2015年04月10日

4月9日の子ども会

参加者:8名(中1:1名、中2:1名、中3:1名、高1:5名)
つながりのある国・地域:タイ、中国、台湾、フィリピン
スタッフ:5名

新年度、第一回目の子ども会でした。
嬉しいことに高校生が5人も来てくれて、いつもながらの賑やかな楽しい子ども会となりました。
以前、スタッフのOさんが「子ども会を巣立った子どもたちに、スタッフとして戻ってきてほしい。」と言っていました。まだ、そのような子どもはいないのですが、もしかしたら今の高校生たちに期待できるかもしれません。

それから、9日が誕生日の子どもがいて、お母さんから飲み物やお菓子の差し入れがありました。
勉強の前に、みんなで誕生日のお祝いと、そして高校の入学のお祝いも併せて乾杯しました。
posted by オアシス at 18:30| 山梨 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 子ども会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ウティナン君の記事を見ていてもたってもいられなくなり、どこにこの気持ちを伝えればいいか分からず、ウティナン君を支援していたというオアシス様のブログを見つけ今書き込んでいます。

ウティナン君を知ったのはとあるニュースサイトなのですが、読んでいくうちに涙が止まらなくなりました。
何故なら、私も同じ様な境遇で育ったからです。
母は、仕事が日本にあるといわれタイから日本へやってきました。もちろん就労ビザではありません、そうやって仕事を続けていくうちに私を妊娠し、誰に頼ったか知らず私をうみました。相手の男性は母が妊娠したことを知らないまま別れてしまったらしいです。
私の母も住居を転々としていました。
私が大きくなると周りの日本人の方に助けてもらい保育園や小学校、中学校に通うようになりました。その間住民票も持たず健康保険証も持っていないのにどう生活していたのか不思議ですが、私はその後高校も通い無事卒業しました。そこから何故私は普通の日本人と同じ事が出来ないのか悩みました。
そもそも普通に生活している日本人には一生考えることのない悩みでしょう。それが当たり前なのですから。

その後母は日本人男性と結婚するために入国管理局へ出頭することを決め、そこで今まで不法滞在や不法残留していた罪を伝えました。
確かに生まれてきただけで罪なのか?
罪を行うために生まれてきたわけではない。ウティナン君の気持ちがすごくわかります。

現在、私は23歳で在留カードを持つことを許可され日本で生活しています。

強制送還されるのが当たり前だ などの辛辣な意見を多く見られますが、逆に日本人として生活していたがあなたは日本人ではないので帰ってくださいと言われたら どうですか?

ウティナン君 非力ながら応援することしかできませんが、あなたのような生い立ちの人が他にもいたんだよ という事を知って欲しいです。

長々とこちらに書き込んでしまいましたが、こちらであっているのか分かりません。
ウティナン君に読んでもらえる事を願います。
Posted by マナオ at 2015年04月23日 21:50
マナオさん、ご自分の具体的な体験を交えたコメントをありがとうございます。
似た境遇の方からの温かい言葉、そして、マナオさんが現在、在留カードを持っていらっしゃることに、ウティナン君も、さぞ勇気づけられると思います。
必ずウティナン君に読んでもらいますね。

ウティナン君の動画がYouTubeに公開されています。
よかったら、こちらもご覧いただければと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=oH0FWRFVB6I

それでは、これからもウティナン君のことを見守りつつ、ご支援くださいますようよろしくお願いいたします。
Posted by さいとう at 2015年04月24日 11:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック