2009年02月16日

新年会2009

2月15日(日)今年も盛大に新年会が行われました。普段なかなか会えない会員や、サポートしてくれるメンバーのみなさんに会える大変嬉しい機会です。前日の初夏の陽気ほどではないにせよ、暖かい天候にも恵まれ、50人ほどの参加者がありました。
タイ料理、韓国料理などバラエティに富んだ食事と、たくさんのお菓子を食べながらのおしゃべりの後は留学生さんによるミニミニライブ。その後は、恒例のビンゴ大会で大いに盛り上がった一日でした。
参加していただいたみなさん、本当にありがとうございました。今年一年、またまたのんびり活動を続けていきますのでよろしくお願いします。

新年会2009
posted by オアシス at 20:10| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

もちつきしました

12月14日(日)天気がいま一つで、朝のうちは雨が降っていましたが、もちをつく前には上がり、なんとか外ですることができました。
当日は子ども会やソリダリダーからの参加者が少なかったのですが、南アルプス市の日本語教室スタッフの方が6人来られ、なかなか賑やかにもちをつくことができました。たくさんのお餅とデザート、不思議な味のドリンクでお腹いっぱいにして楽しく終えることができました。参加、ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。
来年は子ども会のメンバーなどが参加しやすい日など、少し検討した方がいいかもしれませんね。
posted by オアシス at 17:26| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

キャンプあらためBBQ

8月16日
オアシスのメンバーでバーベキューをしました!当初の予定では、子ども会に来ている子どもとの交流を深めるために、キャンプを計画していたのですが、参加者が集まらず、バーベキューだけになってしまいした。結局、子どもの参加者はたった1名でした。(悲しい・・・。)しかし、青空と緑と川に囲まれながら、大人も子どもも楽しい時間を過ごすことができました。おいしい野菜とお肉をお腹いっぱいになるまで堪能しました。次は、もっと多くの子どもに参加してもらえるようなイベントを考えたいと思います。

報告:うなぎ

夏BBQ
posted by オアシス at 07:08| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

2008年度総会終了

6月28日(土)、無事オアシスの総会が終了しました。が、出席者数がヒトケタという危機的状況に。もともと事務局スタッフでさえ、急遽欠席という者も多かったので仕方のないところか。
それでも総会後の講演は、地元田富市の教育関係の方も出席があり、またオアシス内でも教育関係者の参加があって、講演だけでなく、活発な意見交換もあって盛会のうちに終了しました。
ご出席のみなさんありがとうございました。また欠席の方々にはニュースとともに総会資料を発送させていただきます。

ところで運営は危機的状況です! 欠席された一人でも多くの会費納入をお願いいたします!!!


総会2008
posted by オアシス at 19:05| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

イチゴ狩りに招待していただきました!

 6月1日、日本語教室参加者とオアシス子ども会のメンバー23名で、イチゴ狩りに行ってきました。知り合いのイチゴ農家の方が招待してくださいました。シーズンはすでに終了していてイチゴは少ないとおっしゃっていたのですが、まだまだたくさん実っていました。お腹一杯食べて、お土産にもいただいて、大満足でした。

いちご狩り
posted by オアシス at 07:55| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

スタッフ養成講座第8回終了

 10月21日、オアシス日本語スタッフ養成講座全8回が無事終了しましたので報告します。この日の参加者数は17名(うちオアシス会員6名)でした。

 最終日は「これからの活動へ向けて」と題し、今までの活動のまとめとこれからの活動へ向けての意見交換会となりました。オアシスからは、事務局長の山崎さん、子ども会の大木さん、日本語教室の斉藤さんと岡部さんに出席していただき、参加者の疑問に答えていただきました。進行は小林がいたしました。

 参加者を4つのグループに分けて、前半はこれまでの活動の感想と質問をそれぞれ発表してもらいました。後半は、これからの活動へ向けて不安に思うこと、やってみたいことなどを発表してもらいました。全体を通して、みなさん率直に意見を言ってくださって、とても有意義な時間を持つことができたと感じます。今後、この方たちの中からオアシスの活動へ参加してくれる方も現れそうです。

 この講座の開講にあたっては、会員の皆さまよりご支援、ご協力をいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

養成講座第8回
posted by オアシス at 20:34| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタッフ養成講座第7回終了

 10月14日に行った第7回オアシス日本語スタッフ養成講座の報告です。
 前半は前回に続き安藤淑子先生の「授業への取り組み2」、後半は開講当初からの課題となっていた日本語教室見学の報告会でした。

 「授業への取り組み2」は、「〜は〜にあります/います」「〜に〜があります/います」を取り上げて、助詞や動詞の使い分けなど文法的な解説、教え方、注意点など、実際的なお話が聞けました。また、日常生活でのこの文型の使われ方を、安藤先生が用意してくださったビデオ教材で確認しました。さらに、この文型を使ったプチ模擬授業もあり、参加者が教師役と学習者役になって自分で考えた会話を発表しました。

 後半の報告会は、安藤先生にもご参加いただけました。自己紹介からはじめ、リラックスした雰囲気で進んでいきました。講座への参加動機や日本語を教えることについての不安感など率直にお話しいただき、とてもよかったです。

 見学報告は、4人の方がされました。スタッフ不足、学習者の交通手段など、オアシスの教室とも共通する問題があることがわかりました。また、ボランティアとその報酬について質問があり、これは次回までの宿題としました。

 次回10月21日はいよいよ最終回です。午後1時半より甲府カトリック教会で行います。これまでの講座をふまえ、今後の活動へどうつなげるか、参加者の気持ちをまとめます。オアシスの活動に参加してくださる方もいるでしょうし、お住まいの地域で活動されることを選ばれる方もいるでしょう。一人でも多くの方がオアシスに参加してくださることを期待しつつ、最終回に臨みたいと思います。

養成講座第7回
posted by オアシス at 20:31| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタッフ養成講座第6回終了

 遅くなりましたが、9月30日の第6回オアシス講座の報告です。
 この日は、前半は日本語の基礎知識4「授業への取り組み1」として県立大学の安藤淑子先生に講義していただき、後半は体験講座を行いました。雨のせいか、参加者が少なめだったのが残念でした。

 安藤先生の講義では、日本語学習者が置かれている状況、またはニーズによって取り上げる日本語が変わるというお話があり、参加者は次の3つのグループに分かれ、もし短時間で必要な日本語を教えるとしたらどのような日本語を教えるかを考えました。3つのグループとは、1.日本文化に興味のある老夫妻が日本に旅行に来る際に必要な日本語を考えるグループ、2.日本の漫画に興味のある若者が日本にホームステイに来る際に必要な日本語を考えるグループ、3.日本人の男性と結婚して初めて彼の実家に挨拶に出向く女性に必要な日本語を考えるグループ。他のグループがどんな学習者に教えるための日本語を考えているかは秘密です。発表し、お互いに推測しあいました。

 後半の体験講座では「イラン料理とタイ料理」「日本とタイの盆踊り」「日本の習字とイランの習字」が行われました。

 イラン料理は羊肉を使ったケバブ、タイ料理はグリーンカレーを教えていただきました。盆踊りチームは、タイのダンスに絞って練習しました。指の使い方など手の動かし方が独特でした。習字は、好きな言葉を筆で漢字で書き、葦ペンを使ってペルシャ語で名前を書きました。

 最後は参加者全員でそれぞれの成果を発表してもらいました。なかでもペルシャ語で書いた文字にはみなさん興味津々でした。お料理もいい味でした。

 体験講座はとても楽しくて、またの機会に何かやりたいと思いました。

 以上です。

養成講座第6回
posted by オアシス at 20:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

スタッフ養成講座第5回終了

 オアシス日本語スタッフ養成講座第5回の報告をいたします。
 本日の参加者は24名(うち会員1名)、日本人の他に韓国、香港、インドネシア、ブラジルの方が参加しました。

 午後1時半からは、岡部真理子さんに日本語の基礎知識3「音声・表記」を講義していただきました。普段使っている日本語を客観的にみることが大切であるとの岡部さんの言葉に熱心に耳を傾けている参加者の姿が見られました。また、口内での舌の動きにより音がどう作られるかなど、図やタスクによって確認していました。日本語の発音を外国語を学ぶ視点からのように見つめ直せたのではないかと感じられました。

 3時からは体験講座「韓国料理とボリビア料理」、「サルサダンス」が行われました。
 韓国料理は韓国のお餅を使った甘辛いトッポギを、ボリビア料理はサンタクルス地方のママの味エンパナーダを作りました。トッポギの唐辛子とにんにくのエネルギッシュな香り、エンパナーダを揚げる甘い香りにつつまれて、あっという間に時間が過ぎました。1時間という時間内で効率よく作れるように、講師の方たちには時間前から準備をしてご協力いただきました。ありがとうございました。
 サルサダンスは、スペイン語での挨拶から始まりました。肩や腰など体の各部分の動かし方を教えていただきながら体をほぐし、あとはステップを覚えてリズムに乗ってダンスダンスダンス!いい汗を流しました。

 4時からは、参加者全員でお料理を食べ、サルサチームのダンスを観せていただきました。ソリダリダーの参加者も顔を出してくれて、にぎやかな一時を過ごしました。

 今日はエアコンがない会場でしかも暑かったので、1人体調を崩した参加者がいました。体を冷やしながら30分ほど横になり回復しました。大事にならずほっとしていますが、次回から飲み物を出すなど、予防策を考えたいと思います。

 次回は9月30日、午後1時半より、会場は今回と同じく甲府カトリック教会で行います。内容は、県大の安藤淑子先生による日本語の基礎知識4「教授法・授業への取り組み1」、体験講座「イランとタイ料理」「盆踊りとタイダンス」「日本とイランの書道でコラボ」です。他では体験できないオアシスならではの講座となりそうです。ぜひぜひご参加ください。


養成講座第5回
posted by オアシス at 23:06| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

スタッフ養成講座第4回終了

 遅くなりましたが、8月19日に行った第4回日本語スタッフ養成講座の報告です。

 この回では「逆転体験 言葉が通じない!」と題して、福田奈里子さんによるワークショップと、県内在住の外国籍の方を招いてお話を伺いました。参加者は24名(うちオアシス会員6名)でした。

 ワークショップは、ダンスから始まりました。福田さんからの指示が突然聞いたことのない外国語になり、参加者の表情が一瞬固まりました。言葉が通じない状態を体験した参加者は、その時の気持ちを「びっくりした」「戸惑った」「耳を疑った」などと話してくれました。

 そして、今日のメインの活動「ひょうたん島問題」へと移りました。ひょうたん島には、この島のもともとの住民であるひょうたん人と、ひょうたん島での豊かな生活を求めて移住してきた二つの民族が一緒に住んでいます。一緒に住む中で様々な問題が発生してくるのですが、この日取り上げられたのは、子どもたちへの学校教育の在り方です。参加者一人一人がそれぞれの民族の代表になりきってそれぞれの立場からの主張をして、喧々諤々の議論がかわされました。振り返りでは、この活動を通して、参加者が軽い民族対立を体験したこと、そのなかで多文化理解、多文化共存を進めるための葛藤、話し合いの場を経験したとの解説が福田さんからありました。

 次に、県内在住の外国籍の方4人のお話を伺いました。
 一人目は、タイレストランを経営しているタイ人女性の仕事と家族についてのお話、二人目は在日韓国人の男性の少年時代のお話、三人目は、日本に来てからもうすぐ2年になるボリビア人の中学生の来日前後の心の動きのお話、四人目は日系ブラジル人の青年の日常生活のお話(ビデオ)でした。”外国人の人たち”という十把一からげのとらえ方から離れて、人としての生き様が感じられたのではないかと思います。

 次回は、9月9日、会場を甲府カトリック教会に移して午後1時半より行います。内容は、午後1時半から日本語の基礎知識3「音声」(講師は岡部真理子さん)、3時からは外国人の方を講師に迎えた体験講座「韓国とボリビア料理」、「サルサダンス」です。料理に参加する方はエプロンをお持ちください。サルサに参加する方は、動きやすい服装で来てください。サルサの講師をしていただく方からは、女性はタンクトップにミニスカート、ハイヒールが正装ですと教えていただきましたが、これはお好みでご自由にどうぞ。4時ごろからは懇親会を兼ねた本講座の体験発表会となります。お時間のある方はぜひぜひご参加ください。

養成講座第4回
posted by オアシス at 20:06| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

スタッフ養成講座第3回終了

 8月5日開催の第3回オアシス日本語スタッフ養成講座の報告です。

 今回は、ワークショップ「異文化体験」と懇親会を行いました。
ワークショップの進行役は、オアシス会員の福田奈里子さんにしていただきました。参加者は17名(うちオアシス会員1名)で、女性の方がほとんどで、男性はわずかに2名でした。

 ワークショップは、福田さんのきびきびとした進行のもと、参加者の緊張をほぐし自由に意見が言える環境をつくるところから始まりました。今日のメインの活動は、グループごとにルールの違うカードゲームを利用した異文化体験です。ゲームをしてグループ内で1位になった人と最下位になった人がそれぞれ他のグループへ移動します。行った先では、違うルールが待っています。それを参加者は知りません。そして、ゲーム中は会話禁止で、ジェスチャーが許されているだけ、無言で行われました。異なるルールを持つ人が全く違う地域へ行ったら何が起こりどう感じるか、異なるルールを持つ人を受け入れる側はどう感じどう対処するのかを、この活動を通して体験しました。
 活動後の振り返りでは、参加者から「ゲーム中は会話が禁止だったのでストレスを感じた」「ショック」「怒り」「さびしい」「ルールを覚えることに必死」などの感想が聞かれ、福田さんからの「このゲームを通して皆さんが体験したことは、そのまま外国人の方が日本に来て感じていることでもある。」との解説に、大きくうなずく参加者の姿がありました。最後は、「オアシスの活動は弱くて何もできない外国人をただ助けることではない。ワークショップを通して今みなさんが感じているような思いを外国人の方も感じている。想像力を働かせて、自分がその人の立場に立ってみて、何が必要かを考え、できることを見つけてほしい。」という福田さんの言葉で締めくくられました。

 その後の懇親会では、お互いに知り合い、意見が交換できるよい時間が持てたように思います。「いろいろな講座に出ているけれど、こんなに発見することが多い講座は初めて」「ここで勉強したことが活かせる活動の場があることがわかったが、(専門的知識がない)今の自分で大丈夫か」「仕事で外国人の方と話すことがあるが、日本語を一生懸命話してくる。私も簡単な日本語を使って対応している」など、参加者の声が聞かれました。

 次回第4回講座は、8月19日(日)午後1時半より、山梨県国際交流協会(パスポートセンター)にて、ワークショップとお客様をお招きしてお話を聞きます。
 ワークショップは「逆転体験 言葉が通じない!」を行います。進行役は今回と同じく福田奈里子さんです。ワークショップのあとで、山梨に根を張って生活している外国人の方をお迎えして、3時過ぎぐらいから体験談を聞きます。4名の方に来ていただく予定です。簡単にご紹介します。

・日系ブラジル人の青年
   ・・・日本語が全然わからない状態で来日したけど、今では日本語の先生です。

・在日韓国人の男性
   ・・・誰にでもあったと思うけど、昔、名古屋で鳴らしました。

・タイ人の女性
   ・・・家族が一番大切。飲食店経営、ボランティア活動にも積極的に参加。問題ばかり起こるけど、負けない!

・高校受験目前、南米から来た少年
   ・・・日本の高校へ行きたい。ここでがんばる!

 会場のパスポートセンターは広いので、まだまだお席に余裕があります。オアシス会員の方の参加は無料です。また、会員以外の方は受講料として500円いただきます。事前申込みの必要もありません。ご友人の方とお誘いあわせて、ぜひぜひ、ご参加ください。

養成講座第3回
posted by オアシス at 19:36| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

スタッフ養成講座第2回終了

 本日、第2回日本語スタッフ養成講座が終了しました。参加者数は前半の講演は32名(うちオアシス会員3名)、後半の文法ワークショップは26名でした。
 安藤先生の講演では、山梨県在住の外国人とその子弟を取り巻く状況をわかりやすく紹介していていただきました。また、外国籍の子どもたちへの日本語や学習支援に取り組んでいる団体の方から活動紹介もあり、実像がわかっていただけたのではないかと思います。ただ、時間がだいぶ押したため、斉藤祐美さんの文法ワークショップが少々駆け足になってしまい、十分な内容にできたか気になりました。
 その文法ワークショップは、前回の宿題の回答から始まりましたが、参加者からさっそく質問があり、日本語の表現方法の多様さをみんなで確認しました。実際に日本語を教える場面では、使用するテキストに沿った教え方、話し方をし、学習者がその多様さで混乱しないように配慮することなど、日本語教育の基本中の基本が認識できたと思います。

 次回は会場を国際交流センターに移し、異文化を体験するワークショップを行ないます。これまで申込みをされていない方でも参加は可能ですので、希望がありましたらメールやコメントでご連絡ください。

養成講座第2回
posted by オアシス at 20:18| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

スタッフ養成講座第1回終了

 オアシス日本語スタッフ養成講座第1回が無事終了いたしましたので、簡単ですが、ご報告いたします。

 1時半開始でしたが開始45分前から次々に参加者がみえて、いつものオアシス時間とゆったり構えていたスタッフは慌てました。交替で昼食を済ませ、事なきを得ました。
 山崎俊二さんによる膨大な情報量の基調講演ののち、斉藤祐美さんを進行役とした文法ワークショップが行われ、山崎さんの講演で押した分終了予定時間を少々オーバーしつつも、無事終了いたしました。感想や質問等を記入していただくコメントシートを読むと、まず上々の滑り出しだったのではと思います。
 参加人数は28名と大変盛況でした。また国籍も日本以外に香港、インドネシアの方があり特色のある講座になりそうです。

 次回は、7月22日(日)午後1時半より、山梨県立大学A館6階サテライト教室にて、山梨県立大学の安藤淑子先生の講演「日本語教室の現場で何が起きているか〜山梨県、長野県の現場から〜」と、斉藤祐美さんによる「文法ワークショップ2」が行われます。

養成講座第1回
posted by オアシス at 07:53| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

ソンクラーン開催

070415_120913s.JPG4月15日、毎年恒例のソンクランを今年も行なった。年々参加者が減って少し寂しいところですが、タイからお坊さんを迎えて、厳かに進んだのはよかったように思います。
儀式のあとは、みんなで会食。懐かしい顔に会えたり、水鉄砲でささやかな水かけなど、充実した一日でした。
posted by オアシス at 06:24| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

ソンクラン開催

毎年開催に関わっているタイの新年のお祭り、ソンクランが4月23日(日)に行なわれました。今年は参加人数も少なかったため、場所は甲府市内のタイ料理店で、ささやかな会になりました。それでも毎年来ていただいているお坊さんには来ていただき、厳かな雰囲気になりました。
私は都合で最後までいられませんでしたが、美味しいタイ料理をご馳走になって、楽しく過ごしました。
参加したみなさん、感想をお寄せください。

ソンクラン
posted by オアシス at 18:48| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

ピュアカウンセリング

 子ども会も受験が終わってひと段落というところです。この期間を利用して、県立看護短大の伏見先生と学生の皆さんにお願いして、卒業生等のピュアカウンセリングを実施しました。

 性感染症等にどのように対応するか、避妊はどうするかなど、かなり突っ込んだ課題が取り上げられたようです。おじさんやおばさんがいるとやりにくいのではないかと思い、開始早々私たちは退散しましたので、出来れば参加者からの報告があるとうれしく思います。



posted by オアシス at 22:47| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

セミナー終わる

 18日の「外国人犯罪発表・報道の意味するもの」のセミナーが終わりまし
た。講師の「コムスタカ」中島真一郎さんからは、18ページに渡るレジュメ
が出され詳細なデータ、その分析を元に「外国人犯罪]や「少年犯罪」が「差
別として声を上げられない」人たちをターゲットにしており、「安心して広報
や報道が出来る」「これらを許容してきたのは日本社会に根深くある移住者と
その家族への偏見と差別意識」であることが明らかになったと思います。特に、
「被差別部落民やアイヌ民族や在日韓国・朝鮮人などのマイノリティーの犯罪
動向を警察庁が分析・公表することはなく、マスコミも発表し続けることがな
いのは、それが差別となることを自覚している、あるいは差別として抗議を受
ける」との指摘は、やはり根深い外国人差別を反映しての公表や報道であるこ
とをより実感させました。
 当日急な夜勤のため参加できなかった発表予定者の替わりに通訳をしてくれ
たHさんより詳細な報告もあり、今なお続く冤罪の構造の中に多くの外国人が
いることも具体的に提示されたセミナーでした。

 セミナーへの参加予定者で参加できなかった人もいましたが、参加者で会場
は一杯になりました。セミナーレジュメが数部残っておりますので、希望者に
は実費(500円)で送付いたします。

事務局長

posted by オアシス at 20:22| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

冬の大運動会

ドッジボール
今年も恒例のオアシス新年会、冬の大運動会が行なわれました。当日はお天気にも恵まれ、穏やかな一日でした。
参加メンバーは子ども会やタイコミュニティ、ソリダリダ日本語教室からあわせて30名以上と賑やかになりました。まずはラジオ体操のあと、綱引き、ドッジボールなどをして1時間あまり、大いに盛り上がり、爽やかに身体を動かしました。
その後、場所をカトリック教会に移してからの新年会は、さらに人数も増え美味しく楽しく過ごすことができました。
新年会
後半はソリダリダのつながりから、フォルクローレの演奏をするグルポ・モンタニャスのみなさんの特別演奏もあって、一層盛り上がり、例年にない新年会となりました。
フォルクローレ
posted by オアシス at 00:00| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

理科特訓

 いよいよ高校受験が近づいてきました。そこで今日は現役の教師による理科の特訓授業を行ないました。子どもの参加者5名。
 さすがツッチー!普段は私語が絶えない受験クラスですが、皆集中して取り組みました。「それぞれ問題を抱えているようだが、明るくて楽しい子たちで、またやることになりました」とのことで、次回は受験生クラスの日に再度特訓となりました。

posted by オアシス at 23:12| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

各活動が始動しました

 相談活動は、10日開始となりました。早速、DV、医療、結婚の相談がありました。
 受験クラスは11日開始。少し参加者が少なかったようです。
 子ども会は12日開始となり、賑やかに始まりました。NHKの方が教師役をしてくださいました。
 13日は事務局会議で、新年会のことなど話し合われました。一応2月19日の予定です。
 15日はカトリック教会での日本語教室が開催され、同時にDV対応での協力をしていただきました。
 16日は、個人レッスン2クラスの予定だったのですが、1クラスは流れました。サッカーチームは元気に練習再開しました。

 以上今年もよろしくお願いいたします。

posted by オアシス at 22:02| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする